納豆を愛する会 » ストレッチの効果

ストレッチの効果

ストレッチというように、ひと言に言うことは可能ですが、その中には当然いくつもの種類・方法があり、さらに、当然のことながら、その効果も異なってきます。

しかし、専門のインストラクターにならない限りは、そのすべてを把握し覚えこむ必要はないですしょう。

自分に必要なものだけ知っておけば、たしかに十分ですよね。ただ、だからといって、知っていて損になるということでもありませんし、少々お付き合い下さい。では本題に入りましょう。ストレッチの種類とその効果について、簡単に説明したいと思います。

ストレッチには、代表的なものとして、「スタティック」、「ダイナミック」、「バリスティック」、「クライオ」、「中川式ストレッチベンチ」などがあります。

「スタティック」では、身体の関節が動く範囲である、「可動域」をひとつの方向に向けて広げていくことを目的としています。

みなさんが思い浮かべるであろうストレッチは、これに当たります。「スタティック」は全身をリラックスさせながら行うのがポイントとなります。「ダイナミック」では、身体の関節を、今度は積極的に動かすことで、動きを滑らかにしていくことを目的としています。

こちらも身体の「可動域」を広げることを目的としたストレッチです。これは、身体の「軸」を作りだす部分について行うのが特徴です。「バリスティック」では、身体の反動を利用して行なっていきます。

筋肉に刺激を与える際、一度だけでなく段階的に行なうのが特徴です。そうすることで、可動域を押し広げていきます。イメージとしては、体育の授業の準備体操などで行う「いち、に、さん、し、ご、ろく、しち、はち」の掛け声でアキレス腱を伸ばす動作が近いです。

「クライオ」は、元々はリハビリの一環として行われていたものです。これはアイシングにより筋肉の感覚が鈍くなった状態を利用して行います。