納豆を愛する会 » すべり症をストレッチで治す

すべり症をストレッチで治す

すべり症の治療には運動が欠かせません。保存療法による治療を行うにしても手術後のリハビリを行うにしても体を動かすことで背骨に掛かる負荷を分散させるための筋肉を鍛えることはすべり症を治療したり再発を防止するのに非常に役立ちます。

すべり症が起こる原因の一つとして、背骨に掛かる体重を支えるための筋力が足りていないことが挙げられます。

背骨に掛かる体重を分散させるお腹周りや背中周りの筋肉、特に普段使われないインナーマッスルは特に筋力が落ちやすいので意識的にトレーニングをしていかなければいけません。

さらに腰などに出る痛みにより筋肉が常に緊張状態になることから血行が悪くなり筋肉の柔らかさが少なくなることもすべり症の悪化や再発に大きく影響してきます。

そうした状態を回避するためにも血行を浴して筋肉をほぐすストレッチや筋力トレーニングはすべり症の治療には欠かせません。

現在は様々なメディアでストレッチや体操法を紹介していますがそうした運動を行う時はまず医師や理学療法士などの専門家に一度相談しておきましょう。

そうしたトレーニングの中には自分の症状にはあっておらず逆に症状を悪化させる可能性もあるので、独断でトレーニング内容を追加するのは控えましょう。

すべり症の治療やリハビリに何より大切なのは根気です。しばらく体を動かしていない状態でいきなり毎日運動をするのは大変ですし、まだ痛みが出て体を動かしたくないという気持ちが強い人も多いと思います。

しかし大変だからとサボったり痛みが出るからと諦めてしまっては、すべり症をいつまでも治すことはできません。体を動かすのは初めのうちはほんの少しでも十分です。

まずは身体を鳴らしていって少しずつ負荷を増やしていけば身体は鍛えられるし、まだ身体が痛むという人はコルセットやサポーターを装備したり痛み止めを服用したりして痛みを抑えつつ行っても大丈夫です。とにかく根気強く続けていけばすべり症は治す事が出来るので頑張りましょう。