納豆を愛する会 » レシピを変えて食べやすくする

納豆のレシピ

納豆にはお通じを改善したり美肌にしてくれたり、骨を丈夫にしたりと女性に特にお勧めしたい効能が多くあります。

1日1パックでいいのです。毎日食べるようにして身体美人を目指してみてはどうでしょうか。

ご飯にかけてというのが一般的で、ネギや唐辛子など混ぜて組み合わせるのも美味しいですが、それでも混ぜご飯ばかりでは飽きてしまうという声もあるかもしれません。

そこでここでは、ご飯にかけるのとは少し違う、おかずやおやつとしてのおすすめのものをご紹介します。意外かもしれませんが、おやつとしても美味しく食べられるんです。

まずはガスパチョという、トマトと組み合わせたスープです。材料はトマトジュース、アボカド、おろしにんにく、顆粒コンソメ。

これらを適量器に入れて、電子レンジで好みの熱さにまで温め、最後に納豆を加えるだけの非常に簡単です。ビタミンCやカロテノイドなどの栄養素が美肌をもたらしてくれます。

次に紹介するのは、おやつやおつまみに最適なカリカリチーズです。これは熱を加えるのでナットウキナーゼの効果は薄く案ってしまいますが、カルシウムとビタミンKの栄養吸収を最大限に高めてくれます。

材料は粉チーズ、片栗粉です。粉チーズと片栗粉と一緒によく混ぜ合わせてから、一口大ずつフライパンで強火にかけ、両面をこんがりと焼くというこちらも簡単な方法。

意外かもしれませんが、実はパンにも良く合うので、トーストしたパンに乗せて食べるのもちょっとしたおやつに良いでしょう。

このように納豆で作れる美味しい料理は意外と幅が広いです。他にもパスタに組み合わせたりするものや、オムレツなどなど。おかずだけでなく、おやつにぴったりのものも探してみると数多くあります。

レシピを変えれば組み合わせる食材も変わり、栄養素のバランスも保ちやすくなりますのでいろいろな調理法を試しながら、1日1パックを食べるようにすると、美肌や便秘解消のほかにもさまざまな健康的な効能が期待できます。