納豆を愛する会 » 入居率をアップさせる方法

入居率をアップさせる方法

都心では、賃貸物件が乱立しており、次々と新しい賃貸マンションが出来ています。そして、地方でも同じ状況ではありますが、学校や工場がある場所での賃貸物件も多いようです。

築年数が20年を超えてくると古い物件であるとの認識になってしまいます。

そうなってくるとやはり賃貸としての魅力が半減してしまいます。実はまだまだ住むということに関しては問題ない場合がほとんどなのですが、多くの日本人の感覚からすると、「古い」と思われてしまうのは、残念なことなのです。

しかしながら、たった20年くらいで建て替えなどを行うと、資金を回収することなく、次の投資をしていることになります。実はたいていの場合、20年では賃貸経営は成功しません。

さらに20年は続けることで初めて儲かったといえます。最終的には、建て替えか売却かという選択になるわけですが、その際にもリノベーションをして建物価値や資産価値の向上を図っている物件というのは、それなりの価値のあるものになります。

単にお金を捨てているわけではないのです。自己の所有する物件に手を加え、入居率を上げる努力をし続けるというのは、最終的には良い結果をもたらします。

それが賃貸経営の極意といえます。賃貸経営は、不労所得とは言われますが、莫大な資金を使っての事業です。失敗するわけにはいかないのです。そのためには頭脳を使うわけです。

時には粘り強い交渉で、住民を味方につけることも必要です。ですから、簡単なものではありません。賃貸経営にリノベーションは最強で王道ともいえます。

経営となりますと、数値的な観点から、投資効果を判断し、検討したうえでリノベーションを実施するわけです。

何でもきれいにすれば、豪華にすれば、新しくすればいいというものではないのです。多くの賃貸経営に成功している経営者は、そういったところにシビアです。

だからこそうまくいっているともいえるのです。