納豆を愛する会 » 慢性疲労と健康食品

慢性疲労と健康食品

慢性疲労は単なる疲労ではありません。それよりも長期間に及ぶもので、いくら深い睡眠をとったからといって2,3日では治るものではなく、西洋医学でもその原因ははっきりとは掴めていないのが実情です。

慢性疲労の対応法は様々ですが、単なる疲労にとってよいことを実践するのは悪いことではなく、体をよく休め、血液の循環をよくするためにマッサージをしたり、一日に最低7時間は寝るようにする、など。健康な体に戻るための対応策は様々あります。

健康食品ブームということもあり、慢性疲労に悩む多くの方が健康サプリメントを有効に活用しようと努力されているようです。

ビタミンB群、ビタミンC、マグネシウム、ナトリウムや亜鉛、Lカル二チンや必須脂肪酸などが特に多く不足しがちであると言われていますので、これらを健康サプリメントで補給されるという方は多いようです。

その他、にんにくがスタミナ不足や健康に効果がある、とよく言われますが、慢性疲労の回復にももちろん高い健康効果が期待できます。

ただにんにくはかなり匂いがきついですので、ある程度アレンジすることも必要です。焼いたり、漬けたり、お酒にしたりなど、様々なアイデイアが用いられています。

山芋といえば滋養強壮に適し健康に良いとされ、よく日本料理にも夏場に出てきますが、おかゆなどに入れるもの1つの方法です。特に疲労が大きい場合は胃もあまり受け付けないため、おかゆやうどんなど、日本人に合った負担の少ないものを採るのが最適と言えます。

酢にも疲労回復などの健康効果があります。昔からよく用いられていますが、最近ではあまり胃に負担のかからないドリンク用の酢も多く販売されています。ただし、健康に良いとはいえ飲みすぎには注意です、お酒を飲む方が禁酒のために用いる場合もあるように、ある程度酔ったような状態になる場合があります。

その他、ゴマ、セロリ、ハト麦茶などが疲労回復、健康にいいようです。また、健康食品に気をつけるようになったら、平行して筋肉トレーニングなどをするとより健康効果が高まります。