納豆を愛する会 » 仮住まいについて

仮住まいについて

リノベーションは、構造からすべて一新するために、住みながらの工事はなかなか難しいものがあるでしょう。

そうなると、リノベーション費用以外の余計な出費がかかってくることになり、リノベーションの工事中は、仮住まいが必要となってくることも頭に入れておかなくてはなりません。

では、リノベーション中の仮住まいについてどういう点に気をつけていけばいいのでしょうか?

最近では、こういったリノベーションやリフォームなどに対しての仮住まいを専門としている不動産や、仮住まい物件を多く取り扱っている不動産も多くみられるようになってきたようです。

したがって仮住まいはなかなかスムーズに見つかりにくいとされているようなのです。では、どうして仮住まいは嫌がられているのでしょうか?

まず大家さんや管理業者からしてみると、物件に長い期間そして、綺麗に住んでいただきたいと思われているのが本音のところでしょう。

入居してすぐに空家になると、またすぐに入居者募集といった手続きも手間がかかり面倒でもありますし、家賃収入の面から考えても不安材料となるからです。

また、借りる側も少しの期間しか住まないのに保証金や解約引が高すぎるなどのトラブルも多く発生しているようなのです。こういった理由から嫌がられるケースが多くなっているということなのです。