納豆を愛する会 » 五十肩の治し方

五十肩の治し方

五十肩の治し方としては、薬物や運動、ブロック注射や装具などの療法がありますが、やはり治療を受けるのであれば、五十肩の名医に診てもらいたい、という方は多いことだと思います。

まず薬物療法ですが、主には痛みを抑えるために使用されます。急性期の激しい痛みには鎮痛作用のある消炎剤やステロイド系などが多く、また慢性期になると漢方などもよく使用されます。薬物の副作用が怖いため、同じ薬を長く用いることはあまりありません。

また漢方は肩関節だけではなく、自然な治癒の力を高めるために有効です。その他にはサプリメントなども使用されます。代表的なものがコンドロイチンです。

軟骨の減りを抑制し、また回復させるためにも作用します。またヒアルロン酸は各関節の動きを滑らかにしますので、慢性期後のリハビリの際に併用される方が多くいらっしゃいます。

また運動療法は、安静期を過ぎたら五十肩の治し方の有効手段としてアドバイスされる療法です。肩の痛みも激しさが解消されてきたら、可動域を回復することに時間を有効に活用します。もっとも有名なのがアイロンを使用した体操法です。

肩のストレッチ、筋力の鍛錬にも有効で、机などの固定されたものとダンベルやアイロン程度の重さのものがあれば自宅でも実行できます。腕が上まで上がらない、という時期に用いるのが最適です。

ブロック注射とは、神経に直接麻酔剤を注入する方法で、五十肩では主に星状神経節ブロックや肩甲上神経ブロックなどが施術されています。

ペインクリニック、つまり麻酔専門のクリニックで施術を受ける方が多くいらっしゃいます。痛みが取れて、その後のリハビリの効果を上げるためにもとても有用です。

装具療法では、サポーターを用います。肩関節を引き上げるような格好で装着し、腕への負担を軽減できます。

肩まわりはサポーターが簡単には外れず、定着しやすい部位です。ですのでテーピングなどをする必要がないというメリットがあります。その他には保温性がありますので、肩周りの血行を高めるためには大切な治療法と言えます。