納豆を愛する会 » 電気設備について

電気設備について

リノベーションをしたときに、見直さないといけないのが電気設備です。リノベーションすることによって家の消費電力がかわってしまったときは、電気設備がそのままだったら使い物にならないでしょう。

ちょっとしたことでブレーカーが落ちるという状況にもなりかねないので、リノベーションの図面を見てどれくらいの電気容量を使う家になるのかということは確認をしておかなくてはなりません。

もちろんリノベーション業者がそれを教えてくれることもありますから、ぜひ検討をしてみてください。

30Aで足りていたのに、50Aにしないと生活することもできないという話はよく聞きますので、これは盲点になりがちですから、ぜひ忘れないようにしてください。

また最近は省エネ路言う言葉がよく言われていますが、リノベーションに際して自宅をエコなものにしようという動きもります。

具体的には太陽光発電をするということが考えられます。太陽光発電は設置するだけで家の電力をまかなってくれる優れものですが設置費用がやや高額になってしまうという欠点もあります。

しかしながら、設置費用もそのうちにもとがとれるというモボですから、ひょっとすると設置した方がお得なのかもしれません。

具体的な損益分岐は10年当たりとも言われていますので、10年以上使うともなれば経済的ということでしょう。エコでありながら、使用年数によっては経済的にもなる太陽光発電ですから、最近設置が目立ってきています。

これも電気設備の一つですから、リノベーションなどで家を作り替えるときには設置しやすくなります。もしもリノベーションをかんがえているのならば、太陽光発電も視野に入れてはいかがでしょうか。

また、バリアフリーのための設備も電気設備が関係してきます。オートライトなどがその最たるものですので、電気設備は慎重に考えて、変更をしましょう。

エコにも経済的にもいいリノベーションを考えるなら、電気設備からです。