納豆を愛する会 » 腰痛と脊椎分離症

腰痛と脊椎分離症

脊椎分離症では、腰椎の関節突起間部にヒビがはいり、腰痛を起こします。また腰椎には5つありますが、もっとも多く発症するのが5番目の腰椎です。

小学生の子供に多く見られ、ハードなスポーツを熱心に毎日練習しているような場合がほとんどで、このような時期を過ごした方が大人になってこのタイプの腰痛を発症する場合もあります。

この腰痛では、腰椎の前面の部分、つまり椎体が前方へすべったようにずれてしまいます。この状態をすべり症といい、分離すべり症と変性すべり症に分けられます。

分離症が原因となって椎体が徐々に前方にすべってくるのが分離すべり症で、中高年の女性に多く、椎間板や椎間関節が痛み、すべってくるのが変性すべり症です。

ぎっくり腰のような症状が起こることはあまりありませんが、腰に違和感を感じ、そのうちに良くなるだろうと思っていてもなかなかよくならない、また知らないうちに慢性の痛みに変わったいた、などという場合がほとんどです。

症状を我慢できると、つい放置してしまう、という方は要注意です。またすべり症は坐骨神経痛を起こすこともあります。

すべっている椎骨が脊椎から伸びてくる坐骨神経を圧迫し、様々な神経症状が起こります。坐骨神経痛では臀部から太腿にかけての症状が起こりますので、すべり症が原因であることを知らないといつまでも治癒できません。できるだけ早く病院で検査を受けることが大切です。

その他には脊柱管狭窄症が起こる場合もあります。これはすべり症での最悪のケースとも言われ、すべりが一定の度合いに定着すると、背骨の一部が前方へせり出したようになり、脊柱管が狭くなります。

このままの状態で脊髄の中枢神経が圧迫を受けると、神経痛が起こります。また背筋を伸ばすような姿勢を取ると余計に痛みが大きくなるのが特徴ですので、このような症状があったら可能性がかなり高いと言えます。

その他には、間欠跛行と呼ばれる歩行障害も起こります。歩くことはできても徐々に痺れが起こり、歩行ができなくなりますが、またしゃがんだり座り込んだりしていると回復する、という症状です。