納豆を愛する会 » 接骨院の資格について

接骨院の資格について

接骨院を利用されている方、つまり実際に治療を受けている方は病院ほどは多くないかもしれません。また近くにある人はとても多いと言われています。特に都心部に増えているのが接骨院の特徴とも言えます。

接骨院は柔道整復師が施術をする場所です。患者さんに対して怪我を治癒し、早期回復、予防策なども講じます。また整体とかカイロプラクティックなどの施術と混同されてしまう方も多いようですが、全く違うものと考えて問題ありません。

まず接骨院は国家資格がなければ開業して代表となることはできません。また整体師やカイロのカイロプラクターには民間の認定資格はあっても、国が保証するものではありません。

国家資格ですから、医師の資格と同等、つまり保険適応での治療も可能です。しかしメスを用いた執刀、つまり外科的な手術は不可能です。外側から患部に働きかける方法により、様々な症状を治癒させます。

骨折や脱臼などで手術をするよりは、接骨で負担のかからないほうを選ぶ方はとても多くいらっしゃいます。

柔道整復師には様々な知識が必要です。つまり国家試験に合格するための知識として、解剖学や病理学、衛生学や臨床医学、外科学の概論、整形外科学や、リハビリの知識も必要です。

これらの学問を習得し、かつ試験に合格すること、の他には、実地での訓練も必要です。つまり一人前の柔道整復師になるためには、接骨院や病院の整形外科での修行も必要です。

最近は接骨院でのパートナー、人材の需要も増えているようです。また養成施設も増えています。柔道整復術は現代的な疾患、つまり生活習慣病に関わるためのとても有効な方法です。また負担のかからない施術を高齢者に実施するためにも有効です。

接骨院はどのようなところ?と考え、病院に通っている方、また治療がスムーズにいかなくて悩んでいるという方には、身体が接骨治療に適しているかを相談することがお勧めです。近所に評判のいい接骨院があるという場合は特にチャンスを逃す理由はないと言えます。