納豆を愛する会 » 浴室をバリアフリーにする

浴室をバリアフリーにする

浴室は、滑りやすい、そしてお湯につかることからのぼせてぼーっとして事故が起こりやすくなっています。だから、事故を防ぐためにも、浴室リフォームではバリアフリーが大切になってきます。

また、介護が必要な方が家にいるのならば、命を守る意味での浴室のバリアフリーは必須の条件になっています。それでは浴室リフォームでバリアフリーするには、具体的にどうしたらいでしょうか。

まずは手すりを配置することですね。転倒しやすくなる出入り口や、浴槽に入るために必要な手すりが理想です。何か動作をするときに、その動作を支えられる位置に取り付けるということが大切になってきます。

また、滑らないための対策も必要です。滑り止めマットなどは必須ですが、リフォームによって床を滑りにくい材質に変えることもできます。そして、出入り口の段差をなくすということも必要です。

しかし浴室との伊段差をなくしてしまうと、脱衣所にまで水がきてしまうこともありますから、極力段差をなくすようにしてください。これは、リフォームの考えどころですから、機能性をとるかバリアフリーをとるかということになります。

また、バリアフリーを第一に考えた場合は、浴槽の形をバリアフリーモデルにするということもできます。とことんまでバリアフリーを考えて浴室リフォームをするのならば、浴槽での立ち上がりや出入りをサポートする電動器具も今はあります。

これは本当に介護が必要な方に向けて開発されているものですから、ここまでは必要とはしない方も多いとは思いますが、参考までに上げておきます。そして、最後になりますが蛇口やシャワーなどもバリアフリーにすることができます。

間違って熱湯をかぶってしまって事故になるというケースもよく報告されていますので、それを防ぐためにも、サーモスタット付水栓、また手元のボタンで操作できるクリックシャワーをおすすめします。

バリアフリーは、浴室であっても可能です。特に危険な場所ですから、強くお勧めします。